投資の種類

ギャンブルと投資の関係性

投資の種類

投資の種類

種類豊富な投資

自分が「これは!」と考えたものにお金を投じる行為。それが投資ですね。以前と違い金融業界や金融工学が発達するにつれて我々個人投資家が参加することのできる金融商品はどんどん増えてきました。

以前はせいぜい株式投資くらいしかできなかったのですが、現在では投資信託に海外株式、外国為替を扱うFX、不動産投資やマンション経営などなど金融機関を通じて様々な市場へと自由にアクセスすることが可能となっています。また、最近になってバイナリーオプションというとても初心者向きな投資方法も誕生し、今後はより一層投資の世界が活発化していきそうです。

それではこの様々な投資対象の特徴をそれぞれ見比べてみるとしましょう。

株式投資

まずは株式ですがこれは皆さんだいたい頭に入っていると思います。公開市場に上場されている企業が発行している株式を、投資家が自分の納得いく価格で買い付け、その企業が発展、成長し株式の価値が向上した時に、他の投資家へと売り渡す。この流れによって利益を得ようというのが株式取引です。

株式取引で勝つために必要なのはまずは一つ一つの企業の経営状態を見抜く力です。企業は決算発表などによって自社の財務状態を明らかにしています。それらの資料を素早く読みこなす力が求められるのです。また、市場でテーマになっているような企業の情報を素早くキャッチすることも大切です。市場では日替わり弁当のようにその日の主役銘柄というのが入れ替わります。オリンピック開催が東京に決まった時には関東方面に強い建設会社の株が急上昇しましたし、韓国でMERSが流行した時には日本のマスクを製造、販売するメーカーや企業が注目されました。ニュースに対するアンテナの高さと連想ゲームのようなイメージ力も株式取引では大切になります

FX

株式取引がミクロな情報を元にトレードされるのとは反対に、マクロな情報つまり国レベルの経済状態や金融政策によって売買判断されるのがFX(外国為替証拠金取引)です。国もある意味企業同様決算報告のような形で日々経済指標を発表しています。また、今後の政策運営について政治家や政府高官、中央銀行総裁などがいろいろな発言をします。それらの情報を上手くいかし、同時にテクニカル分析によって相場の過去の動きから未来の展開を予測しながらトレードするのがFXなのです

投資初心者におすすのバイナリーオプション

株式にしろFXにしろその他の不動産投資や投資信託にしろ、お世辞にも初心者向きとは言えないのが辛いところです。現状、全く投資経験の無い人が参入しても互角以上の戦い方ができるのはバイナリーオプションくらい、というのが正直なところです。